KOYUDO Collection|伝統の熊野筆メイクブラシ

 

化粧筆のお手入れ方法

パウダー系

ご使用後、手のひらや甲で粉を落とします。
アイシャドウなど、色が落ち切れていない時は、ティッシュでやさしくなでる感じで色を落としてください。
日々のお手入れは上記で充分ですが、においが気になる、汚れがひどい場合等は洗浄してください。

リキッド系

ご使用後、ティッシュ等でふき取ります。
汚れが気になる場合(数ヶ月に1回程度)、洗浄して下さい。
(ファンデーションの種類により、目安は異なります。)

洗い方

中性洗剤をぬるま湯で薄めに溶かし、メイクブラシの根元から毛先に向かって汚れを出す感じで洗浄してください。

ブラシの毛も人間の毛と同様、ある程度の油分が必要です。

頻繁すぎる洗浄、過度な洗浄はかえって毛を傷めてしまうことにご留意ください。

水を絞り出し毛先から少しずつ櫛をかけます。
   ※急に根元から櫛をかけると毛が切れてしまいますのでご注意ください。

指でしぼった後、ティッシュ等で水気をふき取ります。
   ※やさしくなぞる感じでティッシュでふき取ってください。
   ※直射日光やドライヤーの熱などはあてないでください。
   ※ケース等に収納する場合は完全に乾いてから収納してください。

指で形を整え終了です。
   ※金具、軸の水気は拭いて取ってください。金具の腐食等を抑えられます。

   ※染色した毛については洗浄した際、色落ちする場合がございますのでご注意ください。

コップなどに立てかけて陰干しして下さい。

ご愛用の化粧筆をより長持ちをさせるために

日常使用はブラシ立て等で立ててご使用ください。
扱いに困ったときは人間の髪の毛を基準に考えていただくと良いと思います。
使用の都度、化粧素材をきれいに落として(粉系ははたき、リキッド系はふき取りの意味です)ください。
温度の比較的低い場所、直射日光の当たらないところに保管して下さい。
ブラシケースは毛の保護に効果的です。

洗顔ブラシご使用方法

ブラシを濡らしてから、手の平の上に洗顔料をとり、ブラシを使って泡立てます。
(固形石鹸の場合は石鹸の上で直接泡立ててください。)
ブラシに出来た泡をしぼり、手の平にとって、顔全体にのばします。
手の平で力を入れてこすらないように、泡の圧力で顔を洗います。
泡の圧力だけで充分に汚れは落ちます。
さらに毛穴まですっきりと洗い上げたい時はブラシで顔を優しくマッサージします。
乾燥肌の人や、肌の弱い人は、Tゾーンのみにしてください。
 
首すじも上から下へなでおろすと、首がすっきりします。
ぬるま湯でしっかりすすぎ、洗顔料が顔に残らないようにします。

ブラシもよくすすいで、涼しい場所で保管します。
たまには2〜3日使用せずに、しっかり乾燥させてください。
湿気の多いところに放置しないようにご注意ください。

洗顔ブラシのQ&A