晃祐堂/KOYUDO Collection

螺鈿(らでん)
 

洗顔ブラシの疑問にお答えします!

Q1 洗顔石鹸は何を使ったら良い?

A1

今、お使いの石鹸をそのままお使いください。
洗顔フォームをお使いの方もそのままで大丈夫です。
まれに泡立ちにくい石鹸がありますが、泡立ちにくい場合には洗顔ブラシをしっかりと濡らした状態で泡立てください。

Q2 毎日使っていいんですよね?

A2

お肌の弱い方には、表面の汚れや脂分だけでなく、毛穴の中の脂分まで掻き出しますので、刺激が強く感じたり使用後に肌が痒くなる事があります。
お肌の状況に合わせて、使用頻度を決めるようにして下さい。

Q3 手で洗うのに比べると、洗顔ブラシの洗顔
   は物足りないことがあるんだけど、泡で
   本当に汚れが落ちるの?

A3

確かに、今まで手で行っていた洗顔に比べると、泡で洗うのは洗っているという実感が少ないので不安になるかもしれません。ですが、洗った後のさっぱり感やしっとりとした洗いあがりを実感していただければ、物足りなさはなくなると思います。

Q4 ときどき、チクチクすることが
   あるんだけど?

A4

原因としては、下のようなことが考えられます。
・肌に押し付けるようにして洗っている
・洗顔ブラシの寿命
※気になる点・疑問点がありましたらお気軽に晃祐堂までご連絡下さい。

Q5 使った後には、どのくらい洗えばいいの?

A5

(1)まずは穂先についた洗顔料をしっかりと洗い流します。

(2)穂先の根元から毛先に向かって、しっかりと絞ります。(ねじりながら絞ると毛抜けの原因となりますので、毛 がまっすぐになるように絞って下さい。)

(3)軸の部分を持って、穂先に残った水を振って飛ばします。穂先がばらばらになると思いますが、形を整える必要はありません。

(4)穂先を下に向けて、吊り下げて乾燥させます。

※注意点
濡れたままにしていたり、洗顔料がついたままの状態で放 置しておくと、カビが発生したり毛切れ・抜け毛・匂いの 原因となります。長持ちさせるには、使った後のメンテナンスが重要です。

Q6 寿命はどのくらい?

A6

使用頻度や、使った後の洗い方などにもよるため、一概には言えないのですが、1年程度と考えて下さい。
急にチクチクするようになったり、肌合いが明らかに変わってきたらお取替え時期となります。

Q7 ピンクの色はきれいだけど、
   何で染めているの?

A7

セーター染めなどで使用されている、「みやこ染めECO染料」を使用しています。
ECO染料とは、
有害化学指定物質を含まない人体への影響(肌荒れ・湿疹・かぶれ)のない染料で繊維製品の安全規格とされるエコテックス基準100に抵触しないものです。
アパレル製品をはじめ、幼児向けの衣類・直接肌に触れる下着の染色等に使用されています。

Q8 どこで製造しているの?

A8

ハート型洗顔ブラシは、晃祐堂社内にて製造しています。
晃祐堂は、伝統的な熊野筆を作る会社です。

Q9 毛先をカットしていないって本当?

A9

本当です。
熊野筆(書筆)を作る技術からつくられていますので、毛先をカットすることはありません。
ただし、PBTに関しては毛先がもともとありませんので例外です。

Q10 フェイスブラシとして使いたいけど、
   大丈夫かな?

A10

お勧めする使い方ではありませんが、できます。
ただ粉が谷間部分から入り込んでしまう事がありますのでフェイスブラシには、斜め丸平といった形状が適していると思います。

晃祐堂までご連絡下さい

PBT(ポリエステル)について

PBT(ポリ・ブチレン・テレフタレート)というのは、極細のナイロン毛。優れた耐薬品性・耐摩耗性・耐熱性・良好な電気特性などを持ち合わせた新素材です。
このPBTが入ることで、毛材全体に「コシ」が生まれやすくなりました。
※PBTは、羊毛よりも3mm短くしている為、直接お肌には当たりません。右の写真では、分かりやすくする為に本来とは逆となるPBTを長くしたサンプルを使用しています。

使用画像

泡立ちが非常に良く、キメ細かな泡なので肌への負担がほとんどありません。