KOYUDO Collection|伝統の熊野筆メイクブラシ|晃祐堂|

 

カテゴリから選ぶ

HOME»  コンテンツ»  晃祐堂について

晃祐堂について


●伝統ある「熊野筆」

※画像は天平時代(*)に献上された天平筆(復刻版)と万能筆
(*奈良時代、聖武天皇の天平年間(729年―749年)を中心とする時代)

晃祐堂のメイクブラシは書道筆の技術を汲んだ化粧筆です。
匠の技が集約された伝統ある土地、「熊野」でしかできない伝統技術により、機械生産では難解である「細部までこだわった製品」を製造することが可能です。


●検品精度の高さ


晃祐堂では、筆職人による「工場での検品」と、「最終検品」の2段階の検品工程を定めています。
筆職人も納得する上質なメイクブラシのみをご提供しています。

直接肌に当てるものだから、安全で清潔なメイクブラシをつくることにこだわりをもっています。


●伝統に裏打ちされた技術(選筆と毛先について)

書道筆・化粧筆・画筆すべてにおいて、原毛が悪くては良い製品はできません。
私たちは、これまでの歴史・技術を十分に生かし、目的に合わせて、より良い原毛を選別し、製品化しています。

化粧筆の穂首の毛先をカットしない製法とカットする製法がありますが、私たちは極上の肌ざわりを実現するため、毛先をカットしない製法にこだわっています。


●未来への創造
「熊野筆」でしかできない
伝統技術を礎に成し得る
こころを伝える筆


皆様に喜ばれ、愛される最高のメイクブラシを目標に、これからも作り続けていきます。